ゲイリー・レナード語録

ゲイリー講座のゆるゆるメモ

ゲイリー講座 (54) 愛ある想念のみ思い出す

【第54回】
It can be but myself I crucify.  From ACIM Workbook Lesson 196
https://www.crowdcast.io/e/it-can-be-but-myself/2
2020/11/24(PDT)→JST 11/25 10-12時

 

それ以外になにもない
33 ゲイリー:2000年前Jとマリアが「神と神の国を守るためだけに警戒する」というとき、神の王国が存在するというだけでなく、他には何も存在しないということを知っていた。多くの学習者が「全てはワンネス」って言うけど、みんなが忘れがちなのは、「それ以外になにもない」ってこと。34 じつはコースは冒頭からそう言ってるのだが、僕はそのことに気づくのに数年かかった。

 

誰かを非難したくなったとき
46 シンディ: 実用的に言うなら、誰かを裁いたり非難したくなったとき、自分が見ているのはイメージだと思い出し、そのイメージが神の真実を置き換えないようにすること。自分が(非難したくなるのに)気づいたら、「このイメージは真実ではない、私が作ったものだ」と自分に言い聞かせる。私シンディがこれを作った、という意味ではない。ここでいう私とは、もっと大きな私、決断の主体のこと。

1:03 もし誰かが非常に腹立たしいことをしてたとしても、頭おかしい行動を取っているように見えたとしても、私たちは彼らの行為を見過ごして「私は、神の子としてのその人を愛する。彼らは本当は人なのではなくて、1:04 神が創造した者だからこそ彼らを愛する。彼らは私と同じで、私たちはひとつだから。その相手は私から分離してはいない。私が自分自身を愛するには、その人を愛する必要がある。すべてを同じと見る必要がある。」それがコースの説く愛。その愛は神の子を分離させない。その愛は平等であり無条件。私たちの怒りボタンを押す人々を赦すとき、それは自分に対して愛ある親切なことをしていることになる。そして後の事は聖霊がケアしてくれる。私たちには見えない無意識の心を癒してくれる。

 

愛ある想念のみを思い出す
1:08 ゲイリー:誰かが君にムカつくことを言ったとする。君はそれに影響を受けることを放棄することもできる。誰かの過去の記憶について、悪い記憶ではなく良い記憶を思い出すこともできる。君に良いことを言ってくれた時とかね。コースはそれを選択的想起(Selective Remembering)(T-17.III.1:1-3)と言ってる。悪いことを思い出すのではなく良いことを思い出すんだ。1:09 自分が過去に誰かに不親切にしたことを悔やんでいるなら、君がその人に親切にした事を思い出すんだ。そこで君がしているのはLoving thoughtsに切り替えるということ(Ego thoughtsの代わりに)。
そんなのは単純化しすぎだと思われるかも知れないが、僕は愚直にこれをやってみた。僕には嫌な想い出がいっぱいあったからね。誰かに何か言われた記憶について攻撃の考えをやめてみた。そして彼らが親切にしてくれた事や、僕が彼らに良いことを言った時のことを思い出すようにした。1:10 しばらくすると信じられないことに、実際に僕の記憶が変わってきた。僕が以前思い出していたようなクソな記憶ではなく、別の記憶を思い出すようになってきた。その新しい記憶は、以前と同じくらいリアルなものだった。コースがやるのはそういうことだ -- 実際に君の考えを変えてしまう。それは自己増殖するような感じで、自分についての考えや、世界についての考えを変えていく。

 

★Q3「ゲイリーが啓示を体験する前にしていたことは何ですか?啓示を喚起するために呼吸法による瞑想をしたりするのですか、それとも予期しないときに啓示が訪れるのですか?」

1:27 ゲイリー:僕は呼吸法の瞑想をやってないし、それによって啓示を喚起しようとはしていない。なぜなら啓示は自分で引き起こすことはできないから。啓示は聖霊(またはJ)の決定によってもたらされる。1:28 Jは「私は聖霊の近くに居て、兄弟たちが啓示を受ける準備ができた状態に敏感なので、啓示は間接的に私によって喚起される(T-1.II.5)」といってる。だから決めるのは聖霊だ。君を励ますためにそういう体験をさせることもある。しかし自分でその体験を起こす(決定する)ことはできない。だがそれは神の直接的な体験ではある。そしてそれは予期することのできないものだ。それはただ起こる。僕が何かをしたからではなく。一度なんかは僕がTVを見てる最中に起こった。だから誰にも分からないのさ。

 

★Q9「Jは新約聖書で貧しい人々を気にかけていたといいます。Jは社会正義のために戦い、みんなが貧しい人々を助けるよう奨励したのですか?」

1:52 ゲイリー:Jは社会正義のために戦ったわけじゃない。彼が貧しい人を見る時、相手が人間ではないと知っていた。だからJが文字通り貧乏人の心配をしていたわけではない。新約聖書がそういう書き方をしただけだ。1:53 コースのほうがそのことについてよりよく説明している。
2000年前、裕福な男がJのところにきて、その時僕らもそこにいたのだが、その男は「あなたについていきたいのです」とJに言った。Jは「持ち物をすべて売り払って貧しい人に与えなさい。そして私についてきなさい」と言った。男はJのことを狂っていると思ったのか、逃げ帰ったよ(笑)。 Jが「金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい」と言ったのはこの時だ。それは、その男を低めるために言ったのではなく、彼がこの世のものに信を置いて世界を諦められないことについて言ったんだ。
1:54 コースには「貧しき者(the poor)」とは「誤ったところに思いを投入してきた者たち(those who invested wrongly)」 だと書いてある(T-12.III.1)。つまり、この世のものに信を置いて、岩の上ではなく、砂の上に家を築いている人々のことだ。1:55 Jは社会正義とかより、もっと大きな事を言ってたんだ。

 

ゲイリー達講座 (53) ラム・ダス本の挿絵

【第53回】
It can be but myself I crucify.  From ACIM Workbook Lesson 196
https://www.crowdcast.io/e/it-can-be-but-myself/1
2020/11/12(PDT)→JST 11/13 10-12時

 

攻撃の想念を実在させること
23ゲイリー: Jは2000年前「自分にするのと同じように他の人にもしなさい」と言った。これは、君が他者にしたことは、すでに自分にも成されているという意味だ。他の人になされているように見えるのは投影だからだ。24 自我は見た目で君を投影に引きずり込む。だが君の無意識の心は外に誰もいないと知っている。「なんて馬鹿だ(What a jerk)」という一言でさえ攻撃の想念だ。そしてそれは君に戻る。25 自我の思考体系はそんな風にして自分自身を十字架にかける。君がその投影に見ているのは、自分自身の罪悪感が外にあるように見ているだけだ。学習者がこの話を聞きたくないのは知ってる。26 君がそれを裁くたびにそれを実在させている。それは罪じゃないけど、君をここに繋ぎ止めてしまう。その攻撃が君自身に行くと知ってさえいれば。27 裁きの誘惑は君自身に向かう、だがそんなことをする必要はない。他者が意地悪なことを言う時、それは君が自由になるチャンスだ。単にそれを赦すだけでいい。29 君が他者を攻撃したら自分が攻撃されるのと同じ。30 君が裁くのは常に君自身だ。

 

ラム・ダス本の興味深い挿絵
31 ゲイリー: ラム・ダスの「Be here now」という本で面白い挿絵がある。Jは十字架に磔にされた状態で、誰かがその手に釘を打ち込んでいるイラストだ。Jはその様子を見ながら「それは興味深いね」とでもいうような表情をしている。何の痛みも感じていない。ヒンドゥの人々はそのことを理解していた。罪悪感が全て癒やされたら肉体的な痛みを感じなくなると。君が赦すたびに罪悪感は癒やされ、いつか苦しまなくなる。32 癌で死のうとも構わない、苦しまないのだから。

 

★過去Q「サイキック・リーディングは聖霊から来ているかどうか?」

58 ゲイリー:サイキックは意識的に聖霊とやりとりしてるわけではないが、可能だ。僕は20代のころ聖霊なんか信じてなかったが、その時も聖霊は僕を導いていた。だがそれは聖霊と自我のまざった状態だ。だから見分けることが大切になってくる。
59 数年前にすごく有名なSylvia Browneというサイキックがいた。子どもが行方不明になったしまった親のリーディングをする番組だ。(子供が行方不明なのだから)これは深刻な事件だ。両親は子どもは大丈夫でしょうか?と聞いた。彼女は子どもは既に死んでいると伝えた!
もし本当に子どもが死んでいたとしても僕は言わなかっただろう。だが彼女は自分の正しさを確信していた。そして六ヶ月後、その子どもたちは生きたまま発見された。彼女は間違っていただけでなく、両親をひどく不必要な悲しみに追いやった。聖霊と共に働いていないときに起こることはそういうことだ。
もちろんサイキックが正しい答えを得ることはあるだろうし、だからこそ彼女は有名になった。だがその一部は自我からきていた。1:00 だから聖霊と共に働くことは大事なんだ。そうすればメッセージの品質はもっとよくなる。

 

★Q8「そこには自分しかいない、という考えは100%自己責任ということであり、一生分の投影を思うと(その自己責任論は)重すぎる気がします。」

1:50 ゲイリー:たしかに君は100%責任がある。だが君が投影しているものは無だ。だから君は世界に対する責任はない。それは君が無罪だというもうひとつの証拠だ。1:51 それをリアルにしてはいけない。そこにあるもの、一生分の投影(Lifetime of projection)は無なんだ。そこに真実はない。たしかに僕らは投影に責任があるが、それを赦してリアルにしないこともできる。

1:53 ゲイリー:君はコメントで「僕は誰でもなく、どこにも行けない(I'm nobody, going nowhere)」と書いたけど、それは自我を選んだときだけ真実になる。自我はnobody going nowhereだから。1:54 だが君はそれを実相(reality)と入れ替える必要があることを覚えておいてほしい。君の真の自己は「真に存在するもの(really something)」だ。それは神と同じ完璧な霊だ。そういう意味で君はたしかに存在する、だが君が思ってるような形(分離した自己としての自分)ではないということだ。君は一なる神の子として存在する。

1:55 ゲイリー:自我はemptyでmeaninglessだがそれと同一化する必要はない。本当の君はこの世界の何ものも超越する存在だから。

 

ゲイリー講座 (52) 救済、悟り、輪廻転生

【第52回】
The Justification for Forgiveness, from ACIM, Ch. 30, Section VI
https://www.crowdcast.io/e/justification-for-forgiveness/2
2020/10/29(PDT)→JST 10/30 9-11時

 

救済、悟り、輪廻転生などの用語について
29 ゲイリー:Jがブッダといた時代、救済(Salvation)という言葉が一般的で、悟り(Enlightenment)という言葉は後からきた。ブッダが「私は目覚めている」と言った時、夢から覚めたということだ。30 神の子全体の目覚めはmillion yearsかかるとJも言っている。ポイントは、そんな時間をかける必要はないということ。31 僕は来世でパーサとして生きるかどうか気にしてない。32 僕は輪廻転生(reincarnation)という言葉は使わない。人生(lifetime)と呼んでいる。なぜならreincarnation(=肉体に再び宿ること)は不可能だからだ。それは分離によるOptical delusionだ。

 

Jが人を癒したとき+対象をリアルにしない
53 ゲイリー:どんな誤りも、誤りと認められれば訂正される。だが誤りに真実の地位が与えられたら(それをリアルにしたら)、そのことについて誰も何もできない。54 Jが人を癒やしたとき、相手の病気が何であるかは気にしなかった。Jが本当に気にしていたのは、相手の真の姿だ。恐れはjudgmentだと思ってないかも知れないが、それはjudgmentだ。55 どんな動揺であっても、君がそれをリアルにしたせいで起こる。自我が起きたと同時に、君が台本に同意した形になる。

 

赦しを実践すれば、自然と愛あることをするようになる
1:03 ゲイリー:僕は自分がいいヤツと思えない時期があった、今は自分がいいヤツかどうか関係ないと思ってる。1:04 コースの通りに生きれば自然に愛あることをするようになる。君はだんだん自然の本来の自分になる。Jのように行動しようと奮闘する必要はない。1:05 「真実を思い出す」ことだ。思い出した瞬間にすべてが変化する。良い気分になる。1:06 他の人に対しても心のレベルで本当の自己を教えることになる。

 

★過去Q「自分自身を赦すことは、他者を赦すことより難しく感じます。なぜですか?」

1:20 シンディ:多くの人が同じことを言ってきた。他者を赦すほうが簡単だと。だが、どれも等しく「自分自身を赦すこと(self-forgiveness)」であると見ていくべき。1:21 私たちは"罪悪(sin)"をリアルにしているだけ。聖霊は、私たちが心がさまよい出すのを観るように言ってる。あなたが感じるあらゆる感情はリアルではない。その感情を持つことは罪ではない。1:22 それは幻想の想念。聖霊に訂正の助けを求めることができる。私たちが愛を押し出したのでなければ恐れを感じるはずがないので。

 

★過去Q「ゲイリー達はこれを最後の人生にするんですよね?」

1:32 ゲイリー:今生が最後になるかどうかは可能性にすぎず、僕らには分からない。それは可能だ。だが保証されたものではない。

1:34 ゲイリー:それは「台本はすでに書かれている」と矛盾するかに思えるかも知れないが、矛盾はしない。悟りというのは、台本を書き換えることではないからだ。それは、台本から去ることだ。だから、台本のあちこちを修復して僕はここで目覚めるとか、あそこで目覚めるとか、そういう話ではない。真実は、君はいつであっても目覚めることができる。その時はすでに設定されているのだが、それが時間のパラドックスだ。L169のように。既に終わった旅なんだが、それでも君はやらなきゃならない。それから逃れることはできない、自由意志で遅らせることはできるけど。1:35 でも君の唯一の力はまさにその決断の力にある。聖霊とともに去る決断をすれば時間を節約できる。

 

★過去Q「アカシック・レコード・リーディングは過去生の赦しをやるのに役に立ちますか?」

1:45 ゲイリー:僕はアカシックを読まないのであまりコメントできないけど。でもA&Pは"大事なのは今回の人生だ、あたりまえだろ(It's this lifetime, stupid)"と言ってる。1:46 過去生の記憶が今生の課題と繋がってることもあるだろう。他生と同じ課題がいま現れているとかね。外見は違うが、内容は同じだ。だから今生の分離を赦す必要がある。もし過去生でなにか赦すことがあれば、いま赦すことができる。1:47 過去生知識が役に立つのは生命がずっと続くと理解することだ。様々な生で同じ課題が現れるが、ただ赦すだけだ。

1:48 シンディ:最も重要な赦しは、今生でいま目の前にあるもの。それを赦せば、他の全ての生における課題も訂正される。すべては同時に起こっているので、過去や未来といったものはない。

 

ゲイリー講座 (51) どうしても赦せないとき

【第51回】
The Justification for Forgiveness, from ACIM, Ch. 30, Section VI
 
フランス語のトリビア
27 ゲイリー:ここでpardonというのは一般の意味とは違うふうに使われている。だけど恩赦みたいのは赦しではない。28 ちなみにフランス語にはforgivenessという言葉がないので赦しのことをpardonと呼ぶそうだ。
 
機嫌の悪いパートナーの赦し
44 シンディ:帰ってきたパートナーの機嫌が悪いとき、それを実在させ個人的に受け取るか、赦して自由になるという選択肢がある。45 その投影はエネルギーを失い、向こうに戻るほかない。苦しむ理由はないと伝えることになる。そうやって彼らも選び直すことができるようになる。46 これは平安を保つのにすごく大事。彼らの投影をリアルにせず、受け入れないということ。47 攻撃と報復はサイクルとして延々と続く。誰も何も、あなたの許可なしにはあなたに影響を及ぼすことはできない。彼らにはそのような力はない。私がその力を与えないかぎりは。
 
どうしても赦せないとき
51 シンディ:赦しへの抵抗が強すぎるとき、52 赦したいとさえ思わないかも知れない。そんな時は、ただ受け入れてそれの観察者になるといい。それは心の選択だと自分に教えることになる。少なくともこの感覚は好きでないと思うことはできる。53 それは選択。被害者になるという選択をしていると知る。一歩一歩すすめばいい。裁かないで見るというのは非常に大事。54 準備が出来た時に先に進めばいい。自我を選択することは罪ではない。罪は不可能だから。それはニュートラルなこと。深刻にならない。55 「また自我を選んでいるわ」という軽い感じ。それでOK、ただ観察者になる。ただ自我のつくったものを見て、それを裁かない。
 

★Q1「私は真の赦しを続けてきて、恋愛パートナーが欲しいとか性欲とかがだんだんなくなってきたことに気づきました。赦しの実践と神との深い関係に満たされ、時々、この世界にいるのが変な感じがします。でも同時に、心の奥底で、私の霊的な旅をシェアできる進んだ人がいたらい面白いだろうなと思います。ご意見おまちしてます」

1:10 ゲイリー:誰かとシェアするのは楽しいが必須ではない。僕は実際関係を持っているし楽しいから否定はしない。1:11 人生もコースもより興味深くなるだろう。だが必須ではない。彼らがコースをやっているかどうかは問題ではない。君がやっていることが大事だ。コースを一緒にやってるカップルがいるが、問題は彼らが赦しを実践していないことだ。

1:15 ゲイリー:台本は書かれている。誰かと会うことになってるなら会う。どうやったらソウルメイトに会える?と聞いてくる人がいるが、ソウルメイトでなければ会うわけがない。まだ正しい人に会ってないからといって、これから会うとは限らない。

1:16 シンディ:伴侶をもたない人生だってある。それは彼らの選んだ台本どおりであり、カリキュラム。より高い理由があるはず。パートナーがいないからって何かが間違っているわけではない。

 

 ★Q6「私はぴったりの歯医者さんを探すので何度も失敗し、いっぱい赦してきました。完璧なドクターを見つけられるよう聖霊に導きを求めるのに役立つプロセスをシェアして貰えませんか?」

1:37 ゲイリー:実際は簡単だ。心を静めて空っぽにし(騒がしいのは自我)、聖霊とつながり、直接聖霊に質問する。聖霊は君の心を知っている。一度それをやったら、答えのことを忘れて放置しよう。答えは数日後にやってくるかも知れないから。

1:38 シンディ:ゲイリーが言うように、聖霊に聞いたあとlet it go するのは重要。シンクロニシティが正しい人を連れてくる。こないだ頭を打った時、聖霊に聞いた。シンクロニシティでPCに導かれ検索し、探している人を見つけ、アポをとった。1:40 それがこの世レベルで現れること。信頼すること。期待を外すこと。

1:40 ゲイリー:どうやって心を静めるか?まずそれらの想念に「止まれ」と命令する。自我に黙れということだ。練習は必要だ。1:41 だんだん慣れてくる。僕は心を静めて何の影響も受けないところまでいけるようになった。そのことは助けになった。1:42 そのことは心を休めてくれる。神に戻ることはできないが休ませることはできる。

 

過去のゲイリー関連記事 (後編)

ゲイリー関連記事へのリンクの続きです。ゲイリー達のオンライン講座、後半の(25)〜(50)までを紹介します。

過去のゲイリー記事 (前編)

ゲイリー達のオンライン講座 (50) -- 2020/11/04

ゲイリー達のオンライン講座 (49) -- 2020/10/30

ゲイリー達のオンライン講座 (48) -- 2020/10/01

ゲイリー達のオンライン講座 (47) -- 2020/09/06

ゲイリー達のオンライン講座 (46) -- 2020/08/31

ゲイリー達のオンライン講座 (45) -- 2020/08/15

ゲイリー達のオンライン講座 (44) -- 2020/07/30

ゲイリー達のオンライン講座 (43) -- 2020/07/09

ゲイリー達のオンライン講座 (42) -- 2020/06/28

はじめての夢辞典がすごかった件 -- 2020/06/23

ゲイリー達のオンライン講座 (41) -- 2020/06/08

ゲイリー達のオンライン講座 (40) -- 2020/06/02

ゲイリー達のオンライン講座 (39) -- 2020/05/04

ゲイリー達のオンライン講座(38) -- 2020/04/24

ゲイリー達のオンライン講座 (37) -- 2020/04/04

ゲイリー達のオンライン講座 (36) -- 2020/03/15

20歳のアルゼナ、初インタビュー -- 2020/03/10

ゲイリー達のオンライン講座 (35) -- 2020/02/29

ゲイリー達のオンライン講座 (34) -- 2020/02/05

ゲイリー達のオンライン講座 (33) -- 2020/01/19

ゲイリー達のオンライン講座 (32) -- 2020/01/03

ゲイリー達のオンライン講座 (31) -- 2019/12/18

ゲイリー達のオンライン講座 (30) -- 2019/12/09

ゲイリー達のオンライン講座 (29) -- 2019/11/27

ゲイリー達のオンライン講座(28) -- 2019/11/08

ゲイリー達のオンライン講座 (27) -- 2019/10/26

ゲイリー達のオンライン講座 (26) -- 2019/10/10

ヘレンの生まれ変わり -- 2019/10/03

過去のゲイリー関連記事 (前編)

以下は過去に別ブログで綴ってきたゲイリー関連記事へのリンクです。一番ボリュームがあるのはゲイリー達のオンライン講座で、全体では50回分ありますが、そのうちの前半である(1)〜(25)までを紹介します。

過去のゲイリー記事 (前編)

ゲイリー達のオンライン講座 (25) -- 2019/09/29

ゲイリー達のオンライン講座 (24) -- 2019/09/21

ゲイリー達のオンライン講座 (23) -- 2019/08/23

ゲイリー達のオンライン講座 (22) -- 2019/08/11

ゲイリー達のオンライン講座 (21) -- 2019/07/26

ゲイリー達のオンライン講座 (20) -- 2019/07/10

絵画とその外観を超えるもの -- 2019/06/24

ゲイリー達のオンライン講座 (19) 後編 -- 2019/06/21

ゲイリー達のオンライン講座 (19) 前編 -- 2019/06/18

ゲイリー達のオンライン講座 (18) -- 2019/06/10

ゲイリー達のオンライン講座 (17) -- 2019/05/22

ゲイリー達のオンライン講座 (16) -- 2019/05/10

ゲイリー来日WSに初参加 -- 2019/04/23

ゲイリー達のオンライン講座 (15) -- 2019/04/19

相手のほうに歩み寄ること -- 2019/04/09

ゲイリー達のオンライン講座 (14) -- 2019/04/06

ゲイリー達のオンライン講座 (13) 後編 -- 2019/03/25

ゲイリー達のオンライン講座 (13) 前編 -- 2019/03/23

ゲイリー達のオンライン講座 (12) -- 2019/03/02

ゲイリー達のオンライン講座 (11) -- 2019/02/16

ゲイリー達のオンライン講座 (10) -- 2019/02/07

ゲイリー達のオンライン講座 (9) -- 2019/01/19

ゲイリー達のオンライン講座 (8) -- 2018/12/30

2019ゲイリー来日WSの件 -- 2018/12/22

ヘレンの詩とクリスマスと -- 2018/12/19

ゲイリー達のオンライン講座 (7) -- 2018/12/17

ゲイリー達のオンライン講座 (6) -- 2018/11/30

ゲイリー達のオンライン講座 (5) -- 2018/11/15

ゲイリーの5分瞑想の手引き -- 2018/11/11

ゲイリー達のオンライン講座 (4) -- 2018/10/31

ゲイリー達のオンライン講座 (3) -- 2018/10/16

ゲイリー達のオンライン講座 (2) -- 2018/10/2

ゲイリー達のオンライン講座 (初LIVE) -- 2018/9/19

ゲイリーのオンライン講座開始 -- 2018/8/22

 

後編に続きます。

このブログについて

11/3。

このブログは「神の使者」の著者であるゲイリー・レナード(Gary Renard)のオンライン講座のメモ倉庫です。

当ブログについて

当初は別ブログのほうでゲイリー関連の動向を記事にまとめてましたが、そちらは終了することにしました。

その後もゲイリー講座の視聴メモは個人的な趣味でずっと続けており、ゲイリー語録に関心のある仲間とのシェア目的で、自分が気に入ったところだけ抜粋して貼り付けることにしました。(講座は月2回ありますが、気が向いたときだけ不定期に更新します)

極力手間を省きたいので、メモの推敲などはしていません。日本語がおかしい所や英語がそのまま残ってるところもありますが、書き殴りメモなので悪しからず。。。

正確さを求める方、英語の視聴に問題のない方は、できれば直接ゲイリー講座に申し込んで定期視聴して頂ければと思います。申込方法はこちら

これまでのゲイリー記事の一覧ついては次のエントリ( )で紹介します。

ゲイリー・レナードについて

ACIMやゲイリーについての説明は省きますが、ゲイリー本は以下のようなものがあるので、よかったらどうぞ:

神の使者 (吉田利子訳 2007)
 原作:The Disappearance of the Universe (2003)

不死というあなたの現実 (吉田利子訳 2008)
 原作:Your Immortal Reality (2006)

愛は誰も忘れていない (ティケリー裕子訳 2016)
 原作:Love Has Forgotten No One  (2013)

イエスとブッダが共に生きた生涯 (ティケリー裕子訳 2019)
 原作:The Lifetimes When Jesus and Buddha Knew Each Other (2017)